耳鳴り・突発性難聴

ツライ耳鳴り・突発性難聴でお困りの方へ
こんなお悩み解決しませんか。

こんなことで
お困りではありませんか?

  • 片側の耳が急に聞こえなくなった
  • 耳が聞こえづらい/聞き取りづらい
  • キーンとした高音の耳鳴りが断続的に続いている。
  • セミが泣いているようなジーッとした耳鳴りが何年も続いている。
  • 耳が詰まって音が二重に聞こえる、響くエコーがかかっている。
  • めまいや吐気がある。

上記のような悩みを抱えている、
1つでもチェックがあり
不調を改善したい方

耳鳴り・難聴の原因
耳鳴り・難聴の原因として、ストレス・疲労
・生活習慣・加齢・ウイルス性の病気などが
考えられます。

ですからどんな方でもなる可能性があります。
病院にいっても原因不明であったり加齢だから仕方がない
と言われることも多い疾患になります。

主に西洋医学では、耳の検査をして投薬という流れになりますが
一概に耳鳴り・難聴といっても患者さんによって発症原因は様々です。
耳鳴りの中にもメニエール病からくる耳鳴り拍動性の耳鳴り血管性の耳鳴り
高音性の耳鳴り 低音性の耳鳴りなど多種多様にあります。

当院では患者さん一人一人の体質や生活習慣から症状の発生原因を
把握し根本的な治療を行います。
耳鳴り・難聴の東洋医学的所見
東洋医学腎はでは「腎は耳に開竅(かいきょう)する」といいます。
(開竅(かいきょう)とは竅(穴)を開くという意味で、内側にこ
もった邪気を外に出すという事。

簡単に解釈しますと腎は耳、つまり聴力に反映されやすいというこ
とを意味します。

また耳は肝胆の経絡ともつながっています。
急性の耳鳴りの場合は肝気鬱滞、肝火上炎などの肝胆に関係するこ
とが多く、慢性の耳鳴りは腎の精が虚弱するによることが多いと
東洋医学ではは考えます。

当院での鍼灸治療
当院では患者さん一人一人の体質をしっかり把握し
鍼灸治療にあたります。

同じ耳鳴り・難聴であっても体質が違えば治療する
経穴(ツボ)は変わります。

体質を把握するのに四診法という東洋医学独自の診断法で
あなたの体質を診断します。

望診  顔色や舌の状態を診ます
聞診  喋り方や声の質を診ます
問診  症状の経緯や既往歴を診ます
切診  脈の状態とお腹の状態や皮膚の状態を診ます

当院は完全予約制です。
当日のご予約はお電話下さい。