生理前症候群・月経前症候群(PMS)

周りの方にツラさを理解してもらい難い
月経前・生理前症候群(PMS)
症状を改善するための
適切な施術方法をご存知ですか?

こんなことで
お困りではありませんか?

  • 身体の不調が周りに伝わらず、一人で苦しんでいる。
  • 頭痛・肩凝り・肌荒れ・吐き気など様々な症状が出る。
  • イライラが止まらず、日常生活が快適に送れない。
  • 生理前になると、感情の起伏が激しくなり抑えられなくなる。
  • 眠気が止まらず、家事や仕事に支障をきたす。
  • 生理前後に微熱が出る。

上記のような悩みを抱えている、
1つでもチェックがあり
不調を改善したい方

月経前・生理前症候群(PMS)の原因
生理前症候群の原因は排卵から生理が始まるまでの子宮内に血が集まってく過程で、
スムーズに血が集まらず滞りがある状態になりひき起こります。

これを東洋医学では瘀血と呼びます。

この瘀血は慢性的な体力の低下ストレスや、自律神経の乱れ、ホルモンバランスの
崩れが原因となります。
生理前症候群の鍼灸治療
身体は常に正常に働いています。
痛みや不調は身体の根本的な状態が良くないという危険信号です

ですからその信号を正しくキャッチし処理していくのが鍼灸治療になります。
生理前症候群の治療では瘀血をしっかりと処置することと身体のつかれを取
り体力向上を鍼灸治療で行います。

特に骨盤・仙骨周りの硬結をとるとともに子宮内の血流の改善を行います。

当院での鍼灸治療
当院では鍼灸治療の中でも経絡鍼灸治療を行います。

経絡鍼灸治療では『四診法』という東洋医学独自の
診断方法であなたの体質を判断し、生命力の強化、
免疫力の正常化を目指します。

人間の身体は常に正常に働いています。
痛みや不調は身体のセンサーが正常に働いていま
すので痛み止めやホルモン剤などの薬で症状だけ
を抑えても根本的な体質を治していかないといず
れまた症状は再発します。

特に月経前症候群PMSは放置しておくと『瘀血』の状態が
酷くなり子宮筋腫や内膜症になりやすくなります。

実際当院に通われている子宮筋腫や内膜症の患者さんの
ほとんどの方が中高生の頃から生理前症候群がひどかったと言
われる方がほとんどです。

『瘀血』とは血の滞りのことで、原因としてはストレスや
運動不足または飲食の不摂生など様々です。

当院では、しっかりと原因を把握し生活指導を含めた
総合的な鍼灸治療で患者さんの体質を生理前・月経前症候群
PMSの症状が出なくなるよう治療にあたります。

当院は完全予約制です。
当日のご予約はお電話下さい。