不登校・引きこもり

不登校・引きこもりでお困りの方へ
『何故うちの子だけが・・・』理由が解らない
どうしていいか解らない方はすぐにご相談ください。

こんなことで
お困りではありませんか?

  • 動悸・頭痛・お腹が痛いなどの症状が午前中に現れる。
  • 朝起きれずに、学校や仕事に行けなかったり遅刻してしまう。
  • 昼夜逆転してしまい、不登校・ひきこもりになっている。
  • これといった原因に心当たりがない。
  • 誰にも相談できず家族で悩んでいる。

上記のような悩みを抱えている、
1つでもチェックがあり
不調を改善したい方

当院で施術対象となる症状
不登校には大きく分けて5つのタイプがあります。

⑴無気力タイプ
何らかの理由で自分を肯定できなかったり、日々に物足りなさを感じたりして、あらゆることに無気力になっているタイプです。

⑵不安タイプ
情緒的に混乱しており、漠然とした不安から登校できないタイプです。本人は登校したいと思っているものの、朝になると体の不調が起こり、学校に行けない場合もあります。

⑶人間関係タイプ
いじめを含むクラスの友人関係、部活動での先輩・後輩との関係、教職員との関係などを理由に不登校になっているタイプです。

⑷遊び・非行タイプ
遊ぶために非行グループに入っていたり、学校に意味を見出せなかったりするために学校に行かないタイプです。

⑸その他・複合タイプ
以上のタイプは明確に分けられるわけではなく、複数のタイプの特徴をあわせ持っている場合も少なくありません。

当院の鍼灸施術で対象となるのは⑴⑵⑸の3タイプです。
スマホやパソコンによる情報過多や長時間にわたって使用するお子様が非常に増えています。

それに加えて運動不足や食事の不摂生など原因は様々ありますが、当院で治療される方は皆さん自律神経のバランスが崩れています。
不登校の鍼灸治療
鍼灸治療では『気・血・水』のバランスや流れが悪くなると
身体が悪くなると考えます。

当院では『四診法』という東洋医学的な診断法を使い
患者さんの『気・血・水』の状態を把握し治療にあたります。

上述の⑴⑵⑸のタイプの方は
瘀血(血の滞り)気逆(頭に気が上り下降しない状態)気虚(気が不足した状態)の状態が見られます。
この状態と体質から一番最適な経穴(ツボ)を使い治療を行います。

この治療によって精神の安定・体力の向上に向かいます。
本当にお困りの方へ
昨今の新型コロナウイルスやストレス社会などで
様々なタイプの不登校児の方が非常に増えています。

当院に通われている方のご両親からは
『子供が何を考えているかわからない』
『なんとかしてあげたいけど、どうしてあげたら良いか
 わからない』
『子供の将来が不安だ』という声をよく聞きます。

子供さん自身からも
『学校に行きたいけどいけない』
『なんかしんどい』などの声があります。

ここまで読んでいただいたあなたも
子供なんに対する不安が大きいと思います。

病院では原因がわからない状態でも鍼灸治療で
原因がわかることがたくさんあります。

身体が変われば人生が変わります。
当院と一緒に症状改善への道を探しましょう。

当院は完全予約制です。
当日のご予約はお電話下さい。